どうしても50万借りたい方に即日借りられる借入先をEGPA&C3W編集部が紹介!

どうしても50万借りたい

私たちはとても不安定な社会を生きていますから、突発的に50万円程度のまとまったお金が必要になることがあります。そんな時皆さんは、どのような方法でピンチを乗り切るでしょうか。

お金絡みのピンチは突然やって来るので、事前に作戦を練っておかないとパニックに陥ってしまいます。この記事ではそんなピンチに備えて、どうしても50万借りたい方のため、おすすめの借入先をEGPA&C3W編集部が紹介します。

同時に、どうしても50万借りたい方のため、目的別に借りる方法や、おすすめの消費者金融・銀行カードローン・公的融資制度なども紹介しますので、ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

どうしても50万借りたい時におすすめな消費者金融!

どうしても50万借りたい時におすすめなのが、消費者金融です。他の方法でお金を借りるよりも、審査スピードが断然速いからです。

どうしても50万借りたい方必見!即日借入できるアイフル

どうしても50万借りたい方には、即日借入できるアイフルがおすすめです。アイフルは言わずと知れた消費者金融の最大手ですが、その審査スピードはまさに別格。即日融資はもちろん、うまくいけば30分から1時間程度で融資を受けられる可能性も十分あります。

アイフルは顧客のニーズに合わせて、様々なローン事業を展開しています。その中から、どうしても50万借りたい方におすすめできる、代表的な3つのローン商品を基本スペックと共に紹介します。

キャッシングローンファーストプレミアムカードローンSuLaLi
利息(実質年率)3.0~18.0%3.0~9.5%18.0%
利用限度額1~800万円100~800万円1~10万円
用途不問不問不問
対象満20歳以上69歳までの、定期的な収入と返済能力を有する方アイフルの利用が初めてで、満23歳以上59歳までの、定期的な収入と返済能力を有する方満20歳以上の女性で、定期的な収入と返済能力を有する方
担保・連帯保証人不要不要不要

上記3つのローン商品を、わかりやすくカテゴリー分けすると以下のようになるでしょう。

  • キャッシングローン:従来のスタンダードなローン
  • ファーストプレミアムカードローン:初心者向けのローン
  • SuLaLi:女性向けローン(レディースローン)

どうしても50万借りたい場合、限度額や利息などの条件を総合的に考慮して、ご自分に最も適合するローンの利用を検討してください。

毎月の返済額を抑えたい方はプロミスもおすすめ!

毎月の返済額を抑えたい方には、プロミスがおすすめです。プロミスで50万借りた場合、毎月13,000円から返済に応じてくれるからです。この返済金額は他社よりも若干低く設定されていますから、毎月の負担を少しだけ軽減することができるはずです。

プロミスカードローンの、基本スペックは以下の通りです。

利息(実質年率)4.5~17.8%
利用限度額500万円
用途不問
対象満20歳以上69歳までの、定期的な収入と返済能力を有する方
担保・連帯保証人不要

ご覧頂ければわかる通り、プロミスの利息はアイフルよりも0.2%低く設定されています。わずか0.2%の違いではありますが、長期的に考えればアイフルで50万借りるよりも、返済額を抑えられるのは間違いないでしょう。

低金利で借りたい方は三井住友カードのカードローンがおすすめ!

低金利で借りたい方には、三井住友カードのカードローンがおすすめです。

ややこしいのですが、ここで紹介するのは「三井住友カードのカードローン」で、「三井住友銀行のカードローン」ではありません。両者は全くの別物なので混同しないよう気を付けてください。

三井住友カードのカードローンの、基本スペックは以下の通りです。

利息(実質年率)1.5~15.0% (※返済の実績に応じて、翌年度以降利率を0.3%ずつ引き下げ)
利用限度額900万円
用途不問
対象満20歳以上69歳までの、定期的な収入と返済能力を有する方(学生は除く)
担保・連帯保証人不要

三井住友カードのカードローンは信販系のカードローンなので、アイフルやプロミスのような消費者金融とは異なり、金利が低いという特徴があります。返済実績に応じて2年目以降、0.3%ずつ金利が下がるのも大きな魅力です。

さらに、信販系カードローンでありながら、最短で即日融資も可能な点が大きな特徴です(ただし、「初回振込みサービス」を使用した場合のみ、即日融資の可能性があります)。

例えば、どうしても50万借りたいけれども、「消費者金融には抵抗がある」「金利をできるだけ抑えたい」と考える方には、三井住友カードのカードローンが特におすすめです。

どうしても50万円借りたい方向けに借り方を目的別で紹介

どうしても50万円借りたいと一言で言っても、人によってその目的は様々でしょう。目的別にどのような借り方があるのか表にまとめます。

ローン種別利用目的
消費者金融カードローン緊急性や必要性が高い
銀行カードローン返済時の金利をできるだけ抑えたい
目的型フリーローン(自動車、教育、住宅など)借りる目的が明確
フリーローンまとまったお金が必要
おまとめローン複数社からの借金を1本化したい
公的機関による融資制度極めて低い金利でお金を借りたい

主に審査スピードの観点から、緊急性が高い場合や、どうしても50万借りたい必要性が高い場合には、消費者金融の利用をおすすめします。緊急性がそれほど高くない場合には、銀行カードローンの利用をおすすめします。それ以外は、それぞれの事情に応じたローンの利用をおすすめします。

どうしても50万円借りたい時のポイント

どうしても50万円借りたい時には、2つのポイントを考慮に入れて検討するとよいでしょう。

消費者金融と銀行カードローンはどちらで借りたらいい?

どうしても50万円借りたい時、真っ先に候補として思い浮かぶのが、消費者金融と銀行カードローンではないでしょうか。消費者金融と銀行カードローンの大きな違いは金利です。消費者金融の方が、銀行カードローンより金利が高いのが一般的です。

ローン会社によって多少の違いはありますが、消費者金融の金利は18.0%、銀行カードローンの金利は14.5%前後と考えて差し支えありません。たかだか3.5%程度の違いに思われるかもしれませんが、この差はとても大きな差です。

実際に50万円を借りた場合に金利はどうなるのか、シミュレーションしてみます。

※下記の金額はあくまでシミュレーションなので、実際とは多少異なることがあります。

借入期間金利14.5%で借りた場合金利18.0%で借りた場合
1年後40,132円50,068円
3年後119,560円150,736円
5年後205,840円261,760円

いかがでしょう。金利3.5%の差は極めて大きな差だということが、よくわかるのではないでしょうか。同じ50万円を借りたのに、利息には5年で5万円以上もの差が生じています。

消費者金融で50万借りる場合は年収150万円以上が必須

消費者金融で50万借りる場合、年収は150万円以上が必須条件になります。なぜこのようなライン設定があるのか、気になる人もいるでしょうが、これは法律があるからなのです。

この法律は、総量規制と呼ばれます。総量規制とは貸金業法に明記された条項で、多重債務のリスクを減らすため、貸金業者に年収の1/3を超える融資を禁じています。そのため、消費者金融で50万円借りたい場合、年収の最低ラインとして150万円必要になるのです。

日本にあるすべての消費者金融は、貸金業法に則って営業していますから、絶対に総量規制の範囲を超えて融資はしてくれません。もしも年収の1/3を超える融資を持ちかけてくる業者があれば、それは正規の貸金業者ではありません。騙されないよう注意しましょう。

長期返済希望なら銀行カードローンで50万円借りよう!

あらかじめ長期にわたる利用が見込まれる場合、銀行カードローンで50万円借りるとよいかもしれません。消費者金融に比べて金利が低く設定されているため、長期返済の負担が少なくなるからです。

銀行カードローンの金利

銀行各社によって多少の差があるものの、銀行カードローンの金利は概ね14.5%前後です。日本における代表的な銀行カードローンの金利を紹介します。

大手銀行カードローン名金利(%)
楽天銀行スーパーローン14.5
三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)14.6
三井住友銀行カードローン14.5
オリックス銀行カードローン17.8
みずほ銀行カードローン14.0
イオン銀行カードローン13.8

代表的な地銀が展開する、銀行カードローンの金利も紹介します。

地方銀行カードローン名金利(%)
北海道銀行カードローン(ラピッド)14.95
横浜銀行カードローン14.6
愛知銀行カードローン(リブレ)13.5
中京銀行カードローン(C-style)14.5
福岡銀行カードローン14.5

50万借りた場合の利息と返済額

銀行カードローンで50万借りた場合に利息と返済額はどうなるのか、実際にシミュレーションしてみます。利息は銀行カードローンにおいて一般的な目安となる、14.5%で計算しています。

※下記の金額はあくまでシミュレーションなので、実際とは多少異なることがあります。

借入期間利息毎月の返済額総返済額
1年40,132円45,011円540,132円
3年119,560円17,210円619,560円
5年205,840円11,764円705,840円

消費者金融カードローンよりも、銀行カードローンの方が利息は低いのは確かですが、それでも、長期的には相当な利息が付くことがわかります。借入期間が長ければ長いほど毎月の返済額は小さくなりますが、総返済額は増える様子が上記の表で一目瞭然です。

銀行カードローンを利用する際には、ご自分の身の丈に合った返済プランを作成する必要があります。「毎月の返済額の負担」と「総返済額の負担」のどちらを優先するのかが、返済プランを考える上での大きなポイントになるでしょう。

50万円借りたい目的があるなら多目的ローンがおすすめ!

  • マイホーム購入資金の足しにしたい
  • 新車を買いたい
  • 子どもの進学費用に充てたい

こういったように、50万円借りたい目的がハッキリとあるなら、多目的ローンがおすすめです。なぜなら、多目的ローンは一般的に金利が低いからです。

  • 結婚資金が足りない(みずほ銀行、三菱UFJ銀行など)
  • 旅行でちょっと贅沢をしたい(三菱UFJ銀行、中京銀行など)
  • ペットがほしい(イオン銀行、千葉銀行など)

多目的ローンの用途は、マイホームや新車などに限りません。以上のように銀行によっては、用途に応じて色々な商品購入のための多目的ローンが用意されています。

大手銀行のローン金利比較

大手銀行が展開する多目的ローンをいくつか紹介し、その金利を比較します。参考として、カードローンの金利もそれぞれ付記します。

銀行名多目的ローンの金利(%)カードローンの金利(%)
みずほ銀行・変動金利:5.875 ・固定金利:6.614.0
りそな銀行6.975%(変動金利のみ)13.5
イオン銀行○自動車ローン: 8.8(固定金利のみ) ○教育ローン: 8.8(固定金利のみ)13.8
楽天銀行○ブライダルローン: 7.0(固定金利のみ) ○トラベルローン: 11.5(固定金利のみ)14.5

変動金利と固定金利

銀行で多目的ローンを組む場合、変動金利と固定金利のどちらかを選べる場合があります。その名の通り、変動金利は経済情勢などの影響を受け金利が変動しますが、固定金利なら変動しません。

変動金利を選ぶのか固定金利を選ぶのかは悩みどころです。一流の経済学者を100人集めても、今後経済がどう動くのか予想は一致しません。それだけ、経済情勢は変化が激しいと言えます。私たちのような素人には、判断不可能と言っても過言ではないでしょう。

変動金利と固定金利のどちらを選択するのか、最終的な判断は人それぞれになりますが、私たちには経済情勢の判断が付きにくい以上、固定金利を選んだ方が無難なのかもしれません。

一度だけ50万借りたい場合は銀行フリーローン!

一度だけ50万借りたい場合には、銀行フリーローンが重宝します。マイカーローンや住宅ローンなど多目的ローンの用途にあてはまらない場合に、まとまったお金が借りられるメリットがあるからです。

フリーローンの利用においては用途(目的)が問われないので、例えば「冠婚葬祭が重なって来月の給料日までピンチ」といったような、予想外の出費に対応することができるでしょう。多くの場合、金利が低めに設定されているのも、フリーローンのメリットです。

銀行フリーローンの金利を比較

数ある銀行フリーローンの中から人気の高い金融商品の金利を、比較しやすいよう表にしてまとめます。

銀行名金利(%) (※4)
三井住友銀行フリーローン5.975
横浜銀行ライフサポートローン(※1)4.7
住信SBI多目的ローン(※2)4.975
イオン銀行 イオンアシストプラン (※3)13.5
関西みらい銀行フリーローン14.0

表内の※1~4について説明します。

まずは、※1~3についてです。各社それぞれ名称は違いますが、サービス内容はいわゆるフリーローンに相当します。つまり、銀行によっては多目的ローンとフリーローンを、明確に区別していないと言えるかもしれません。

※4についてですが、銀行フリーローンの金利は頻繁に見直されるケースが多いので、変動する可能性があります。必ずしも上記の金利がいつまでも適用されるわけではないので、利用を検討する際には必ず最新の情報をご確認ください。

銀行フリーローンを利用する際の注意点

銀行フリーローンを利用する際の注意点を二つ紹介します。

銀行フリーローンは、消費者金融フリーローンと比べて厳格な審査が行われることが多く、審査に時間がかかることが珍しくありません。申し込んだ時期などにもよりますが、1週間程度は必要になります。

1日を争うような緊急性が高い場合には、銀行フリーローンは不向きと言えるかもしれません。そのような場合は、消費者金融の利用を検討した方がよいかもしれません。

消費者金融で50万円借りようとした場合、収入証明書は原則として不要ですが、銀行フリーローンの場合、収入証明書の提出を求められることがあります。一般的に、収入証明書としては以下のような書類が有効です。

  • 最新の確定申告書
  • 直近2ヶ月分の給与明細書

銀行側から提出を求められた時スムーズに対応できるよう、事前に準備しておいた方が無難でしょう。

無職でどうしても50万借りたいときに便利な方法

金融機関は融資に際して、申し込み者本人が働いて安定した収入を得ていることを大前提として貸し付けを行います。つまり、無職の人にはお金を貸してくれません。

しかし、無職だからといって諦める前に試してみるべき方法があります。そんな、無職でどうしても50万借りたいときに便利な方法を紹介します。

消費者金融の配偶者貸付制度

無職でどうしても50万借りたいとき、消費者金融の配偶者貸付制度の利用を検討してみてはいかがでしょう。

消費者金融の配偶者貸付制度とは、専業主婦を主な対象とした貸付制度で、本人に安定した収入がなくても、配偶者に一定の収入がある場合に貸し付けしてくれるシステムです。もともとは専業主婦を対象にしていましたが、もちろん専業主夫でも申し込みできます。

仮に本人が無職で収入がなくても、配偶者に安定した収入があれば審査対象になりますが、審査を通過するかどうかは、各消費者金融の判断になるのは言うまでもありません。

教育費を借りたい場合は公的融資も利用可能

無職でどうしても50万借りたいとき、その目的が教育費などのように明確かつ重大な場合、公的融資が利用可能になるケースがあります。

例えば、教育費の公的融資としては以下のような二つの制度があります。

  • 教育支援費:高校や大学での日常的な学習に必要となる費用の融資
  • 教育支度費:高校や大学への進学に必要となる費用の融資

これらはいずれも無利息なので、返済時の負担が少ないのがメリットですが、審査の際に提出しなければならない書類や手続きなどが煩雑なのがデメリットです。

その他にも、生活する上でどうしても欠かせないお金が工面できないときには、以下のような福祉金が公的制度として用意されています。

  • 緊急小口資金:喫緊性が高いと認められる場合に当面の生活費を融資
  • 総合支援資金:当面の生活費用全般を融資

ただし、制度の性格上「当面の」生活費を助けることを目的としているので、50万円まで借りるのは難しいかもしれません。詳しくはお住まいの自治体の、社会福祉協議会にお問い合わせください。

どうしても50万借りたい方におすすめの借入先を紹介まとめ

どうしても50万借りたい方におすすめの借入先などを紹介してきましたが、いかがでしょうか。多くの方にとって、50万円は大金のはずです。これほどの大金を、即座に用意するのは難しいと考える方もいらっしゃるでしょう。

しかし、ここに紹介してきたように、方法によっては何とかなる可能性が十分にあるのです。

まずは冷静にご自分の置かれた立場を把握して、正確な知識に基づいて冷静に50万借りる方法を選ぶことが大切です。そして、返済を見越して、なるべくその後の負担を減らす手段を選ぶことが大切です。